けんちく世界をめぐる10の冒険 伊東豊雄建築塾

カテゴリ:


最近の伊東豊雄氏の有機的な形態へのアプローチをわかりやすくまとめた本。
サイズが正方形でコンパクトなのだけど何かがキッチリとつまっている印象。アルゴリズムに対する視点とか、アプローチの過程を垣間見れるのはとても刺激的。

文章の量は少なく簡潔におさえられているものの、相当練ってでてきたものであることが行間から感じ取れる。

文章にしても図版にしても、簡潔にしようとすればする程、思想の深さが試される。編集者も忍の一字、待つこと1年あまりにして、ようやく少しは見られるものになった。これが設計の作業だったらとっくにキレていただろう。

というプロローグでの言葉からもその試行錯誤がなかなか大変なものであったことが伺い知れる。

けんちく世界をめぐる10の冒険 伊東豊雄建築塾” への1件のコメント

  1. ピンバック: けんちく世界をめぐる10の冒険 | ってどうよブログ

コメントは受け付けていません。