レンズの向こうの人生

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

久々にDVDで映画を見る。タイトルは「アニー・リーボヴィッツ」。
公開した当時も見に行きたかったのだけど慌ただしくてなんだか見損なってしまっていたのだ。

ドキュメンタリー的なアプローチで、スルスルと観れる。
生活に入り込んで撮るスナップ的なカメラマンから、画面を造り込んでいくアプローチに変わっていき、またその両方を使っていく。時代とその勢いに合わせて変化するスタイル。スーザン・ソンタグとの交流。年末にふさわしい作品でありました。