Nikon P300レビュー 使用感まとめ

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

Nikon P300を使い始めてから2週間。
わかってきた使用感をまとめます。

・明るいレンズF1.9。シャッターチャンスを増やしてくれます。暗いところでもストレスなくシャッターチャンスと考えることができるのはじつに快適。

・ISO感度。800〜1600あたりまで特に粒度の荒れ方もさほど気になるレベルではない様子。明るいF1.9のレンズと合わせるとかなりのシャッターチャンスが快適なレンジに入ってくることになります。

・ズーム。光学3倍なので、少々足りない時があるのかとイメージしていたのですが今のところその様子はなし。デジタルズームとシームレスにズームするのであまり意識することがないのかも知れません。デジタルズームになったときには撮れた写真を確認すると全体的にフラットな印象。デジタルズーム領域はそういうものだ、というところで目的に合わせて使うのがおすすめ。

・マニュアルモードも充実していて、コンデジでもうちょっと設定調整ができたらな、というかゆいところに手が届く感じ。ダイヤルでF値とシャッタースピードの設定が可能です。まあとはいえ、常用するのはAモード(F値調整)が多いんですが。

・ホワイトバランス。AUTOにしておくとだいたいいい感じに調整してくれます。電球と蛍光灯、さらに自然光が合わさった環境で撮ってもいい感じに調整してくれます。

・色の調整機能。色合いと鮮やかさの調整を目盛りで設定することが可能。色合いの設定を変更するとAUTOモードの効果が半減してしまうようなので注意。電球系の照明でもAUTOのホワイトバランスがしっかり白をキープする、という優秀なものなんですが、1目盛りでも調整するとAUTOが外れるのでだいぶ色合いが変わります。ということで設定としては色合いAUTOのまま変更なしで、鮮やかさだけ1〜2目盛り上げて常用となりそうです。朝の光で撮るときには色合いを調整してもいいかも知れません。

今のところ、概ね使いやすい感じで一安心。友人に最近のコンデジ何がいい?と聞かれたら迷わずおすすめする機種です。

8月20日追記
・比較的重要視している「AFエリア選択」機能
AFを「マニュアル」に設定するとターゲットを定めてフォーカスが狙えるようになります。画面の中央以外で焦点を合わせたい時に使用します。個人的にはマクロでの使用頻度が高かったりします。

CX2では十字カーソルがすぐに出せて便利で多用していたので、P300でも気になるポイントでした。マクロモードでなくても使えます。ダイヤルキーでターゲットエリアの移動ができるので、横移動がスムーズなのは新鮮です。十字キーとしても機能するので、どちらも使えて便利です。

とはいえ、半押ししてフォーカスを決めてから構図を変化させることも多いです。そうすると意図せぬところへ焦点が移るか、やや焦点があってない写真になってしまうことがあり、、、こちらの機能を使ったほうがいいんでしょうね。

・使ってみたい機能
かんたんパノラマ。これはシーンモードから使えるようなのですがまだ試していません。パノラマをとりたいときに手動でぐるっとすると、ぐるっと撮れるというおもしろ機能。180度と360度の二種類から選択ができる、とのこと。どこか広い場所にいったときに試してみなくては。

硬調モノクロモード、顔認識モードがあるのですがこれも使っていません。ちょっと気になる機能です。

・タイムゾーン設定
海外旅行へ行ったときには現地時刻へ変更して使おうと思っています。日付とか日本時間で設定されていると後でずれてしまうことに気づきました。まあ、ちょっとしたことですが重宝しそうです。

2011/9/19追記

・花火撮影モードを隅田川花火で試しました。なかなか素敵な写り具合です。サンプルはこちら
1枚目はノーマルモード、2枚目、3枚目が花火撮影モードです。花火の軌跡がぶれることなく綺麗に撮れました。三脚なしの手持ち撮影です。花火撮影モード、説明書によれば4秒のシャッタースピード、とのこと。

・タイムゾーン設定はシンガポールに行ったときに試してみました。自宅と訪問先の時間と切り替えができる、という優れものでした。戻すときは「自宅」を選択すればよろし。

・簡単パノラマ180度
試してみました。こんな感じになります。サイズは3200x560px。
ロケーションはホテルの屋上。目の前に広がる180度の風景を右から左へまわって撮りました。ちょうど右のヤシの木から左のヤシの木まで。朝焼けの時間帯です。

・お料理写真
マクロで撮影しました。癖なくきれいに撮れる印象。料理モードはまだそれほど試していません。

■シンガポール旅行をニコンP300で撮影してきました


マリーナ・ベイ・サンズ@シンガポール
水面の写真の描写とか得意な印象です。水面の柔らかさと夕暮れの反射の微妙な色彩がきれいに写りました。

撮影サンプルを見たいときにはこちらからどうぞ。夜景からお料理までいろいろあります。ブログで公開しているものは一部補正していますがFlickrのは補正なしです。(最後のほうは電池切れになりiPhone4撮影の写真もあります。)
シンガポール – marina bay sands @ Flickr

・充電池
前メインに使っていたCX2よりもやや持ちが悪いようです。1泊2日の現地滞在と思ってとくに予備手段を考えてなかったのですがたくさん撮ったせいもあり、2日目の昼過ぎに切れました。とはいえ、撮影枚数は、カタログの「約240コマ(EN-EL12使用時)」を上回って撮れてます。数えたところでは606枚ほど撮れてました。撮りすぎですね・・・。

・縦位置の写真
パソコンに取り込んだ時に自動で回転してくれません。取り込むと毎回これがちょっとこれが面倒です。なんで回転しないんだろう?と。ジャイロを積んでないのかな。
→ 電子水準器を積んでいるとできるようですがP300には搭載なしのようです。