ThinkPad E420 設定、カスタマイズなどまとめ

2011年末にWindows7マシンを検討していて、レノボのThinkPad E420を購入しました。即納モデルを新宿のビックカメラのカスタムショップで注文。12月25日に注文して27日届きました。まさに即納。
(主な構成はOS Windows7 64bit, CPU Core-i 5, メモリ4GB, HDD500GB)
Tipsをまとめてみます。

1,Bluetoothは「F9」を押してワイアレス系の設定パネルでアクティブにしないと動かないようです。ハードスイッチがないかわりにソフトスイッチがあります。

2,アドビ系のアプリーちょっと古いバージョンCSのもの
Photoshop CS, illustrator CSを持っているのですがちょっと古いので試行錯誤。以前にキーを購入していたのでOSをProfessionalにアップグレード。
XP modeを入れてアドビソフトをインストール。CPUが速くなっているのでXP mode上でもそこそこの動作が可能。2年ほど前に実施したときにはマウスのポインターの追随に遅れが出てしまい、、、実用的に断念してXPに戻した経緯がある。今回はXPモードで動かしてもマシンパワーがカバーしてくれる。よかった。

特に症状が重いのがIllustrator CSである。ふつうにインストールすると日本語が打てないのだ。英語圏の人には問題はでないということかもしれない。XP mode導入で一番の懸念点をクリア。

今回はさらに1歩進んで、管理者権限でWindows7上でインストールしてみた。

動作を確認してみると、なんと日本語も打てることがわかる。XP modeでなくても動作するということである。いろいろと調べていたときに管理者権限でインストールすると現象を回避できる、というのが出ていたのだが、アプリをふつうにインストールして管理者権限で実行したら違いはないものと思っていた。しかし実際には違いがある、という結果。今回もWindows7上でノーマルなインストールをしたもののIllustratorはやはり日本語が打てない症状は出ていました。

3, Windows7からパテーションが起動ディスクでも切れます。これはThink Padに限ったことではありませんが、必要に応じてCドライブを分割することが可能。早速ひとつ増やしました。E420はリカバリ用のデータがあるようで、Cドライブは200GBあたりから減らすことができないようです。

<2月29日追記>HDDのパーティションの変更について書きました。こっちの方法でやったほうがよさそうです。不明だったリカバリ用のデータ容量もわかります。意外と少なかった。
起動ディスクの拡張ーCドライブが容量不足になったとき

4,解凍ソフトのLhaplus
右クリックメニュー「ここに解凍」、「デスクトップに解凍」などが出なくなる。Windows7も64bitになると起こる現象らしい。

こちらを入れると解決します。
Lhaplus x64 shell extension
http://www.sharkpp.net/soft/tool/lhaplus-x64-shell-extension.html

5, iTunesのテキスト表示をメイリオにしたい
iTunesの同期はMacBookで実施しているものの、Think Padにもインストール。と、メイリオ表示を期待していたのだが、そうではなかった。いろいろと調べてみるとに設定ファイルがあり、記述を書き足すと変更できるとのこと。

ふつうにインストールしたときには64bitだと32bit用のプログラムフォルダにインストールされている。
C:\Program Files (x86)\iTunes\iTunes.Resources\iTunes.css

参考にしたのはこちらと、こちら

とある程度は反映されるようですが、肝心のアルバム表示などがメイリオにならないようで、バージョンの違いによるものなのかもしれません。

使っているのはバージョンは現時点で最新の10.5.3.3。

書き換えツールも試してみたのですが、どうも自分のだと一部しか反映されない様子。
参考にしたのはこちら

ということで、さきほどのファイルをよりさらに深いファイルを書き換えることに。
C:\Program Files (x86)\iTunes\iTunes.Resources\ja.lproj\TextStyles.plist
(このフォルダ構成をみると言語別にフォント設定ファイルを分けて管理するようになったようです)

ファイルを開くとxmlの定義ファイルでフォントを指定している。
実施したのはSegoe UIの間にあるフォント設定を置換。
置換したフォント名は下記。
・Segoe UI
・Tahoma
・Arial
・Lucida Grande
・その他数種
を「Meiryo」で置換。で、すっかり表示がメイリオになりました。作業するときにはバックアップをとりオリジナルを残すことを忘れずに。

3000行を超えるスクリプトなので変更後のファイルを公開しておきます。使用するときには自己責任でお願いします。
変更済TextStyles.plistファイル

6,スピーカーで音量がそこそこでます
ノートPCの音は補助程度、ということが多かったのですがこのThinkPad E420は音量もけっこう出ます。大きいので最大にはできないくらい、といえば感覚的に伝わるでしょうか。

7, Wireless接続
AirMacExpressを使用しているのですが、パスワードの設定によってはうまく入力ができないようです。グーグルで検索するといろいろとでてきます。解決法はシンプルでパスワードにアルファベットを混ぜているときには数字10桁に変更するというもの。数字10桁で指定する=16進数で指定するとなり、OKとのこと。詳しい理由はなんだか小難しいので説明は省略。

これで無事にThinkPad E420もワイアレスに参加させることができました。

8, ガジェット
スクロールカレンダーとCPUモニターをいれてみました。カレンダーは何かとあったほうが便利。これのいいところは祝日表示がありなのです。CPU、メモリー状態は見ておくと余裕がわかります。タコメーターはなんとなくあると安心。メモリー増設の判断材料にも使えます。

9,トラックポイントとタッチパッド
タッチパッドはやや感度と感覚を合わせるのに時間を要しそうです。右はじの1本指スクロールは途中から設定を止めました。トラックポイントと真ん中ボタンでスクロールするか、矢印キー、もしくは素直にタッチパッドでスクロールバーで画面上で操作したほうがよさそうです。(このあたりはMacBookに軍配があがる印象です。)

10, Chromeの拡張
DiigoというソーシャルブックマークとEvernoteを合わせたようなのが便利です。使い始めてまもないのですがとても好印象。

webページの任意のところに付箋を貼って、メモができる。ログインしていればページに訪れたときに表示してくれる。さらにテキストにはハイライトして保存しておくことができる。これはwebがそのまま本になった感覚で、ラインマーカーも引ける。これから活用の幅が広がりそう。
(ユーザーとしてどのへんにいるかというとEvernoteはそれほど使い込んでないあたりにいます。はてブもたまに使う程度。)

あとで読もうと思ったページはBookmarkだけしておいて、マイページに貯めておける。その際にメモしたものも確認できます。これは便利だなあ、とおもうことがたびたびおとずれている。わざわざ画面をコピーすることなくそこにメモが貼れるというは手軽で良いし、保存容量もページそのものは保存しないのであまり多くならない印象。

iPhoneからでもブラウザであとで読むに追加することも可能。

なんと「Angry bird」もPCでできるようになっていたんですね。いやあたまにやると楽しいです。かなりのライトユーザーですが。

強制メイリオちゃん MSゴシック置き換え版0.0.7.54
これはMSゴシックを指定しているページを強制的にメイリオにしてしまおうという拡張です。Yahoo!なんかもメイリオになるのでページごとにメイリオとMSゴシックが交じることなくメイリオで表示されるので読みやすいです。
ダウンロードはこちらから

Stylishという拡張で、独自cssをドメインなどを指定して適用することができます。Gmailのメール本文のテキスト表示がメイリオで行間が狭すぎて読みにくいので調整。

指定したのcssは下記。これで少々行間に余裕ができて読みやすくなります。
.hx .gs {
line-height: 130%;
}
ダウンロードはこちらから

11, ロゴの赤い点が光ります

ThinkPadのロゴは天板とパームレストの両方にあって、赤い点は両方共光ります。スイッチが光らないので、これをみてパソコンが起動しているか判断するためのようです。天板にロゴ点灯があると閉じていても、光っているのが確認できます。

12,HDMIケーブルの接続
液晶モニタ、液晶TVにも映像と音が1本のケーブルでつながるので重宝します。DVDはパソコンで見ていたのをこれからTVに接続して見る、なんてことも出てきそう。