起動ディスクの拡張ーCドライブが容量不足になったとき

XPで起動ディスクの拡張をしました。(キャプチャはWin7)

使用したのはこちら
MiniTool Partition Wizard Home Edition 7.1
ハードディスクのパーティションを拡張するときに便利。

実施したいこと
Cドライブが満タンになったのだけど、Dドライブにまだ余裕があり、そのあまりをCドライブに回せないかというもの。


手順

  1. DドライブのあまりをMove/Resizeで別パーティションにする
  2. あまりをGとしてフォーマット。DドライブにあるデータをGドライブに移動。この手間が一番時間がかかった。データ量によります。
  3. 移動が完了したらDドライブをフォーマット(必要なデータはすべて移動させておいてください)
  4. Cドライブを選択して、Move/Resizeして広げる。Applyして完了。

注意点。使用中のドライブに変更を加えるときには、再起動を則されて起動後すぐにドライブ変更の処理が走ります。
またDドライブの容量をGドライブにしただけだとCドライブの直後に空きがあるわけではないので、拡張できません。そのため、時間はかかりますがGドライブにデータを移動しています。

変更後、ノートPCの動きはサクサクと激変し、しばらくは延命できた感じです。

時間のないときは

  • セーフモードで起動して、ディスククリーンアップを実施すると、通常起動ではできないところもクリーンアップしてくれる、のとこと。実施したら有効でした。
  • CCleanerで不要ファイルの削除も一定の効果あり。

Think Pad E420で、パーティションを増やした時にRecovery用のデータかわからない領域があってCドライブが一定以上小さくできなかったのですがMiniTool Partition Wizard Home Edition 7.1を使うとできそうな感じ、このツールで変更したほうが便利そうです。

関連記事
ThinkPad E420 設定、カスタマイズなどまとめ