MacBook Air 11″ 2012 Mid の Bootcampメモ

MacBook Airの型番はMD224JA。
Intel HD Graphics 4000の載っている2012のニューモデル。
OS XはLion。

BootcampでWindows7を入れるのがゴール。持っているのがupgrade版のWindows7なのでVistaからのインストールを試みたのだが、インストールできなかった。

Windows7しかサポートしてない=インストールもできなくなっているようなので注意。Windows7の場合、インストールディスクを入れて再起動後、「今すぐインストール」をクリックすると、すぐにドライバの選択画面になる。ここであらかじめダウンロードしていたドライバーが選択できるようになっている。

Vistaの際にはここで選択肢がなくなる。Windows7用にダウンロードしたドライバー類はUSBメモリにあるのだが、認識されず選択肢には出てこない。その他、選択できるものはないかと探すも回避策がないのだった。ドライバなしでインストールしたくてもスキップできず、手詰まり。

では、XPからではどうか?と試してみるも、再起動の段階でインストールディスクとして認識してくれず、こちらも手詰まり。

使用したドライブは純正のUSB Super Drive。型番はMD5462M/A。下調べしたところでは新しいほうのUSBドライブである。

Windowsのデュアルブートのようにディスクのパーティションを入れて、OSを入れるシンプルなものを想像していたのだが、Bootcampというのはアップルの中なのだった。