Ruby 2 さまざまなデータとアルゴリズム

プログラミングの基礎の記述がなかなか深い内容だったのでサンプルコードなどを試してます。

Ruby(2)

Ruby(2)

価格:1,974円(税込、送料別)

画像の生成とか、計算機の基礎を記述してくれていて、お、こういうことになっていたのか、ということがわかります。ファイルヘッダーがどう、とか。こういうところはあまり見たことがなかったので参考になります。

文字コード変換ツール MultiTextConverter

MacOSで文字コードの変換。
MultiTextConverterで文字コードの変換を行う。
http://www.rk-k.com/mtc.html

今読んでいる本のRubyのサンプルコードがWindows用だったので一気に変換をしたいと思って、探してあたったのがこれ。
フォルダをドラッグ&ドロップで一気に変換してくれる。
バックアップは別途で退避させてくれる。なかなかに便利。

<メモ>
MacOS XでのUTF-8はどうやらBOMなしのほうがいいみたい、というかBOMなしじゃないとTerminalからの実行時にエラーとなる。

sentence_maker.rb:1: Invalid char `\357' in expression
sentence_maker.rb:1: Invalid char `\273' in expression
sentence_maker.rb:1: Invalid char `\277' in expression

カテゴリー: Ruby