カニ欲を満たせ@シンガポール

観光ガイドをみているとチリクラブが目につく。そうかシンガポールはカニが美味しいのか。サンフランシスコでカニに目覚めて以来、カニがあると無性に食べたくなるのである。サンフランシスコではペッパー&ソルトだったが、そうかシンガポールではチリソースなんだ。ジワジワとカニ欲が高まっていく。

すると奥さんの同僚が20軒は食べ歩いた中で一番美味しいカニを出すお店を教えてくれたという。なんでも一時期シンガポールに駐在していたこともあるそうだから筋金入りなのである。持つべきものはグルメな知り合いである。1泊2日で20軒食べ歩くことはできない。1週間の滞在でもカニだけ目当てに20軒めぐることは困難なミッションだろう。

そんなに厳選されたレストランでカニを食べられるのか、とおもうと否が応にも期待は高まるのだった。

最終日にマリーナ湾に面した一角にある「ノー・サイン・シーフード」というレストランへ。一歩店内に足を踏み入れると、どうやら本格派中華のお店のようだ。メニューを見るとけっこう値の張るお料理もいろいろある。

この店の売りはなんといってもカニだ。窓にも透かしのカニ、おしぼりにもカニ、そしてメニューにもカニである。これでカニを頼まなかったらバチが当たりそうである。

なんと、ここでデジカメ、ニコンP300の充電池が尽きてしまった。メインのカニの前じゃないか!しばらくしてからスイッチを入れてもウンともすんともいわないのであった。ここからiPhoneに代打をつとめてもらうことにする。

カニは3種類の大きさがあったのだけど、無難に一番スモールなものをチョイス。きっと大きいに違いないからだ。ほかに焼きそばと鶏の唐揚げマンゴーソースを注文する。女性の店員さんはスモールのカニにしたことがちょっと残念そうであった。これはミドルくらいを頼むのが正解だっただろうか、という問いが一瞬頭をかすめる。しかしこれは杞憂であった。

ひとまずタイガービールの生を中ジョッキでいただきながら暑さを癒す。マリーナ・ベイ・サンズから徒歩できたのであった。

まずやってきたのはチキンである。う~ん、これまるごと一匹じゃないか。ちなみにチキンの下に見える生姜のような黄色い細長いものがマンゴーの細切り。ほんのりとした甘みと揚げたてのトリが香ばしく美味しい。

次にきたのは待望のチリ・クラブ。うむ、大きい。お皿は直径約30センチほどある。

食べ応えがある。なんといっても美味しいのはスープである。カニの出汁がとてもよく出ており、味わい深い。ごはんにかけて食べたらたらふく食べられることだろう。直接レンゲでスープをすくっていただく。適度なピリ辛感が心地いいチリソース。

カニのハサミの部分がクライマックスなのだが、甲羅がおそろしく分厚い。この部分はさすがに最初から割ってある。1mmを超える装甲はペンチのようなカニの道具では太刀打ち出来ないからだろう。(サンフランシスコのときには撮ったのだが今回は忘れてしまった。道具に興味のある方はこちらからどうぞ。今回はフォークのような道具はなかった。)

でもここで焼きそばがきた。これも大盛りだ。濃厚なソース味。

カニを平らげる。甲羅だけで20センチ近くある。これスモールだったよな・・・ま、スモールで正解だったな。ではミドル、ビッグはどんな大きさになるんだろう。それはそれで興味がフツフツと湧いてくる。でも大人数でこないとこわくて頼めないな。

カニ欲を満たして充実した気分で店をあとにしたのだった。お腹いっぱいでしばらく動けないのでちかくの公園で休むことにする。近日イベントがあるようで、ドラムセットやPAのテストをしている。後半はうるさくてたまらないのだった。のどかな昼下がり。

そういえばサンフランシスコの湾とシンガポールの湾は静かな感じが似ているなあ、良いカニが採れるのはそういうことなのかな、なんてことに想いがめぐる。

ナイトサファリ@シンガポール

1日目の晩、ナイトサファリへ。タクシーで向かう。振り返った時のマリーナ・ベイ・サンズはなかなか美しい。

運転手さんが飛ばすのであった。折しもシンガポールはF1開催の準備中。赤白の縁石が街のいたるところに設置され始めている。F1レースさながらとはいわないがサーキットを走っている気分になる。

ま、僕は運転しないのでよくわからないんだけど。シートからずり落ちそうになり、何度か座りなおした。車をわりと運転する奥さん曰く「けっこう怖かった」とのこと。でもそんなこといったってぐっすり寝ていたじゃないか。

さておき。

トラムという列車のようにつながった車でコースをまわる。日本語のツアーが夜の9時20分が最終ということで、ついたのは9時15分。ぎりぎり間に合った。タクシーの運ちゃんが飛ばしてくれたおかげである。もちろん「間にあうようお願い」になんてことは一言も伝えていない。飛ばしたのは単にいつものことだったのだと思われる。

一生懸命探さないと見つからない動物園ははじめてだ。暗闇で目を凝らしてようやく視えるくらいの明るさのところも多くて頑張って探さないと見つからないのである。これなんてかなり見やすいほうだった。かわうそなんて黒い影がゴソゴソ川を横切って行くらしきもの、で終わってしまった。

この写真、かわうそがいたはずなんだけれども目を凝らしても見当たらない。肉眼で見たときにはもっと暗いのである。好感度カメラの威力はすごい。途中でカメラの感度をISO3200に設定する。写真でみると肉眼で見たときよりもよく見える。写真でも動物探しが大変なんだから現地の暗さは半端じゃなかったのです。

ぞうさんは遊んでいたようで激しく動いていた。あんなに動いているぞうを見たのははじめて。

つるも暗闇の中で浮かび上がる。

入り口でドクターフィッシュという足のお掃除をしてくれる魚のサービスが。「あれ、やってきたら?」と人の足を実験台にしたい奥さんの一言でやってみることに。TVでみたことはあったがまさか自分が体験することになるとは。体感としてはプツプツとつつかれているかんじ。

最初はたくさんやってきますが、ひとしきり食べ終わると別の人に移っていく。際限なく食べるわけではないらしい。終わったあとはそこはかとない足の爽快感。翌日もスッキリしていたのでした。お魚さんたちごくろうさま。

シンガポール・スリングのパブ・クロウ@シンガポール

シンガポールにきたらシンガポール・スリングである、ということでいろいろなところで飲んできました。
まずはマリーナ・ベイ・サンズの57F屋上プールにて。初日の午後、2日目午前と2回ほど。1度目は甘みと適度にほろ苦くビターな感じが絶妙なバランス。一口飲むたびにパイナップルとチェリーの甘みと香りが広がり、ちょっと大人な苦味がすぐあとにたたみかけるようにやってきます。こんなにシンガポール・スリングって美味しいんだ、と開眼しました。

いやでも2回目はシェイカーで振らずに出てきたようで、泡がない。と飲んでみると振ってない分、味のバランスが・・・。写真をよくみると泡がありませんよね?幻の1杯目が1番美味しいものだったとは飲んだ時には想像しませんでした。

次に飲んだのは2日目。タクシーで飛ばしてラッフルズ・ホテルへ。目指すはシンガポール・スリング発祥の地といわれるロング・バー。奥まったところにあり、ホテル内を回遊できたのが良かった。ていねいにつくりこまれた中庭、庭園が優雅な雰囲気でした。時代の違う空間に突如迷い込んだかのような錯覚に陥ります。中庭にあるバーも素敵な雰囲気。次回行ったときには昼下がりのビールやモヒートを楽しみたいものです。

バーに一歩入ると照明が落とされており、しっとりとした雰囲気。手前にあるのがピーナッツ。皮は床に落としながら食べるのが流儀。

シンガポール・スリングは独特の甘みが何層にも重なり広がっていきます。マリーナ・ベイ・サンズでいただいたものとは目指す方向が違いました。ここならではの美味しさがあります。シンガポールへ行ったら、おすすめは?と聞かれたらラッフルズ・ホテルのシンガポール・スリングは一度は飲んでおいたほうがいいよ、と伝えることでしょう。

ふと天井を見上げるとふぐのヒレがふわりふわりと往復運動をしています。現役の空調だったときには機能していたんだろうなあ、と思いを馳せながら、クーラーが効いている今の時代に眺めると優雅なオブジェです。「フグヒレの舞」といったところ。奥さんはそのキュートな動きに心をうばわれてiPhoneのムービーに収めていました。

マリーナ・ベイ・サンズに戻ると18:15分。出発集合時間が18:45。まだ時間がある、ということでロビーにあるバーへ。「レッツトライ、ラストシンガポール・スリング」であります。

バーテンダーさんに聞くと、57F屋上プールとレシピは同じ、とのこと。つくる人でちょっとアレンジが違うんだよ、みたいなことをいってました。さすが南国。このへんのファジーな感じが1泊2日の短い滞在でもそこかしこで散見。異国情緒の味わい。

チャンギ国際空港にチェックインして時間が空いたのでコンシェルジュにこの中で「シンガポール・スリング飲めるところありますか?」と聞くと「奥のバーで飲めるわよ」、ということでお土産を見終わった後にいそいそとバーへ。

オレンジが効いていて、これはまた新しい味わい。2日間の滞在を振り返りながら最後のシンガポール・スリングを楽しみました。

チキンライス食べ比べ@シンガポール

今回の滞在は短い。けれどもチキンライスは3種ほど食べ比べることができたのでした。1食目は市内観光で寄ったショッピングモールのフードコートで。

2食目はマリーナ・ベイ・サンズの地下のカジノにある中華屋さんで。カジノは美味しいものがお得に食べられるということで、賭け事に熱中する人々を横目に見ながら深夜に中華へ。そこでもチキンライス。

チキンは胸肉とドラムとあり、ドラムは骨付きのあばらのことでありました。

最後はマクスウェルフードセンターの「天天海南鶏飯」へ。奥さんの同僚が幾多ものチキンライスを食べ歩いてたどり着いてナンバー1であると教えてくれたところ。最終日にタクシーで飛ばしてもらったのはラッフルズ・ホテルでシンガポール・スリングをいただいた後のことでした。

庶民的なアーケードの下で屋台のようなフードショップがいくつも軒を連ねている。その中で夕方のまだ晩ご飯には早い時間にも関わらず繁盛しているお店が目に付きます。それが目指していた「天天海南鶏飯」でした。

今までの2つはごはんが蒸してあったのですが、ここのは炊いてあります。チキンは今回はノーマルでいただきました。見た目はふつうなのですが食べてみるとご飯の香ばしさ、味のしみ具合から美味しさナンバー1であると確信しました。鶏の出汁の旨味と塩味の効き具合が絶妙なバランス。

いやあチキンライスの世界も奥が深いですね。お値段は3ドル。日本円で200円くらいでしょうか。(シンガポール・ドルは1ドル=65円くらい)一番安かったのですが、美味しさは飛び抜けていました。