マリーナ湾の夜景@シンガポール

マリーナ湾の夜景も綺麗でした。マリーナ・ベイ・サンズは夜になるとライトアップのショーをやっていました。レーザービームでショータイムです。終わる直前しか見れませんでしたが、思わずうなってしまう壮大なスケール。暗闇にマリーナ・ベイ・サンズだけでも印象的ですがさらにサーチライト、グリーンのレーザービームが縦横無尽に飛び交います。

続きを読む

夜景の楽しめるインフィニティープール@シンガポール

夕方から夜にかけてインフィニティープールから眺める風景は素敵でした。少しづつ日が暮れるに連れてライトが浮かび上がる高層ビル群。ビルよりも高く空に伸びるヤシの木の間から眺める夜景は今まで見たことのない風景でした。
(屋上断崖絶壁プールの正式名称はインフィニティープールということを帰ってきてからしばらくして知りました。)

夕暮れ。徐々に明るさが落ちてくると周りの高層ビル群の照明が浮かび上がる。

プールの中の人もグリーンに浮かび上がり、浮遊感のある風景に拍車をかける。

とっぷりと日が暮れた。眠らないプール。高層ビル群のライトアップも浮かび上がり、夜景の楽しめるプールサイド。

まるで人口の島にいるような錯覚に陥る。

そして朝焼けを見に屋上プールへやってきた。朝の6時台はさすがにプールも空いていました。眠らないプールの静かなひととき。

シンガポール・スリングのパブ・クロウ@シンガポール

シンガポールにきたらシンガポール・スリングである、ということでいろいろなところで飲んできました。
まずはマリーナ・ベイ・サンズの57F屋上プールにて。初日の午後、2日目午前と2回ほど。1度目は甘みと適度にほろ苦くビターな感じが絶妙なバランス。一口飲むたびにパイナップルとチェリーの甘みと香りが広がり、ちょっと大人な苦味がすぐあとにたたみかけるようにやってきます。こんなにシンガポール・スリングって美味しいんだ、と開眼しました。

いやでも2回目はシェイカーで振らずに出てきたようで、泡がない。と飲んでみると振ってない分、味のバランスが・・・。写真をよくみると泡がありませんよね?幻の1杯目が1番美味しいものだったとは飲んだ時には想像しませんでした。

次に飲んだのは2日目。タクシーで飛ばしてラッフルズ・ホテルへ。目指すはシンガポール・スリング発祥の地といわれるロング・バー。奥まったところにあり、ホテル内を回遊できたのが良かった。ていねいにつくりこまれた中庭、庭園が優雅な雰囲気でした。時代の違う空間に突如迷い込んだかのような錯覚に陥ります。中庭にあるバーも素敵な雰囲気。次回行ったときには昼下がりのビールやモヒートを楽しみたいものです。

バーに一歩入ると照明が落とされており、しっとりとした雰囲気。手前にあるのがピーナッツ。皮は床に落としながら食べるのが流儀。

シンガポール・スリングは独特の甘みが何層にも重なり広がっていきます。マリーナ・ベイ・サンズでいただいたものとは目指す方向が違いました。ここならではの美味しさがあります。シンガポールへ行ったら、おすすめは?と聞かれたらラッフルズ・ホテルのシンガポール・スリングは一度は飲んでおいたほうがいいよ、と伝えることでしょう。

ふと天井を見上げるとふぐのヒレがふわりふわりと往復運動をしています。現役の空調だったときには機能していたんだろうなあ、と思いを馳せながら、クーラーが効いている今の時代に眺めると優雅なオブジェです。「フグヒレの舞」といったところ。奥さんはそのキュートな動きに心をうばわれてiPhoneのムービーに収めていました。

マリーナ・ベイ・サンズに戻ると18:15分。出発集合時間が18:45。まだ時間がある、ということでロビーにあるバーへ。「レッツトライ、ラストシンガポール・スリング」であります。

バーテンダーさんに聞くと、57F屋上プールとレシピは同じ、とのこと。つくる人でちょっとアレンジが違うんだよ、みたいなことをいってました。さすが南国。このへんのファジーな感じが1泊2日の短い滞在でもそこかしこで散見。異国情緒の味わい。

チャンギ国際空港にチェックインして時間が空いたのでコンシェルジュにこの中で「シンガポール・スリング飲めるところありますか?」と聞くと「奥のバーで飲めるわよ」、ということでお土産を見終わった後にいそいそとバーへ。

オレンジが効いていて、これはまた新しい味わい。2日間の滞在を振り返りながら最後のシンガポール・スリングを楽しみました。

マリーナ・ベイ・サンズ@シンガポール

週末弾丸ツアーにてシンガポールへ。金曜深夜発の1泊4日。機中2泊、現地滞在は1泊2日。目指すはホテル、マリーナ・ベイ・サンズであります。3棟のビルの上に大きなボートをのせて、そこにプールをつくってヤシの木を植えました、というホテルです。

現地に着いてすぐに屋上の断崖絶壁プールへ。そよそよと吹き抜ける風の心地よさと目の前に広がる斬新な風景にグッとテンションがあがります。なんて素敵な場所をつくったのだろう、と。ヤシの木を見ながら、眼下と目の前に広がる高層ビル群。この見たことのないくつろぎのスペース、人口的になりすぎるわけでもなく違和感なくリラックスできる感じにほっくり。

プールサイドでビール、シンガポールスリング、モヒートを楽しみ、フードも注文。カラマリのフライ、サティとどちらも美味しかった。プールサイドでごろりとしながら美味しく飲めます。

プールの絶景を覗き込む人々。カメラを手にしてプールで写真を撮る人。一眼もプールの上で行き交ってました。年間いくつかのカメラはダイブしているに違いない、と思いながらカメラを持ってプールへ。

水際から眼下に眺める高層ビル群というビューの不思議な魅力。

でも振り返るとヤシの木が風にそよいでいる。ビーチなのか?でもビーチじゃない。この開放感と南国感はここでしか体験できない感覚。心地いい非日常的風景で大いにフレッシュできそうです。