CX2設定 まとめ ー よく使う設定や機能など

「このサイトの写真、一眼で撮ってるんじゃないの?」とたまに聞かれます。
ここ1年半ほどコンパクトカメラ、リコーのCX2で撮影してます。そんな長らく愛用しているリコーのCX2ですが、便利機能やいつもの設定をまとめてみました。

CX2で撮影した写真はこちら(2011年9月23日追記)

台湾ツアー / Taipei@Flickr
ナパバレー ワイナリー巡り@Flicker

→ 最近ニコンP300を新調しました。試し撮りはこちら

いつもの設定、よく活躍する機能

■ ビビッドモード

→これはいわゆるリバーサルフィルムの模したモード。ノーマルモードよりもその名の通り発色がビビッドに。ごはんなどもとてもおいしそうに撮れます。また景色も記憶の中にあるような発色になるので、いつもビビッドを設定して使っています。
メニュー→撮影設定→画像設定→選択肢の中でビビッドを選択
続きを読む

朝のBLサンドイッチ ー トマトなし

トマトなしのBLサンドイッチ。ベーコンは焼かずにトーストしたパンにそのままのせる。塩とコショウを少々。そこにマヨネーズをかけてレタスをのせる。トマトはないけどなかなかいい味。焼きたてトーストのサクサクした感じと香ばしさにベーコンがおいしい。ときどき思うんだけどBLTサンドイッチを考えた人はすごいよなあ、と。

1月の写真日記

と、明けまして。

なんだかあっという間に暮れから年明けまで時間がすぎてしまっていました。
写真も寒い冬の空になるとなんだかシャッターチャンスが少ないような気がしてしまいます。

少しづつ、村上春樹の短編集「めくらやなぎと眠る女」を読み進めていますが、このくらいに書かれた作品をじっくりと時間をかけて読むのはなんだかとても心地がいい時間を過ごせるのです。

Ruby on Railsにトライしています。MacBookを駆使して四苦八苦しています。
バージョン1.0系と2.0系でいろいろと変わったみたいで、ちょっと前に買った本が1.0系の記述なので、そのことに気づくまでけっこう戸惑いました。rakeがうまく動作しないなあ、と思ったら、scaffoldをつくるときの手順が大きく変わっていたのですね。

わかったときの喜びはひとしおでありました。
できるところからコツコツと積み上げていくのは根気のいる作業ですが、Rubyの基本もおさえたことですし、もう一段階踏み込んでいきたいところです。オブジェクト志向を理解しようというのがこれからの課題です。

年末に肩こりがひどくなってしまい、立て続けにマッサージに通うはめになったので、月に一回程度メンテナンスをすることにしました。なかなか体調管理って難しいですね。

ここのところ気温の変化が激しい日々になっていますが、体調を崩したりしていませんか。
ぼくはいまのところ大丈夫です。

ドラッカーも読み進めていますが、ちょっとここのところ停滞気味。
「プロフェッショナルの条件」が後半に差し掛かっているのであと少しで読み終わります。熟読することはあまりなかったのですが、なんだかドラッカーはしっかりと噛み締めるように読んでも読み応えの十分ある感じで、今の時期に読んでおくのは今後にいい影響があるのだろうな、と思いながら読み進めています。ときおり気になることばは、書き写しながら。

ボキューズのワイン会に行ってまいりました。おいしいお料理にワインということでほくほくとしながらいただきました。おいしいものはいいですね。うちでは味噌鍋が流行っています。ゴマとにんにくを加えるとなかなか風味のある鍋に仕上がります。おすすめですよ。