12月15日から12月17日 台北にいってきました。

台北にいってきました。2泊3日の弾丸ツアー。

空港からホテルまでのバスで響いてきたドラえもんのポケットから道具を出す音。

「え?」

と思って見回せばガイドの人の携帯の着信音ではありませんか。不思議都市台湾のはじまりでした。

昭和レトロと近代都市が混沌としていて刺激的でした。
魯肉飯に、ジーロー飯、タピオカ入りドリンク、屋台の焼き鳥。香ばしい匂いがたまりません。もうほんとうにたくさん食べてきました。市内観光もツアーに含まれていたのであります。足裏マッサージにもいきました。まあ痛いのなんの。

飲茶も。ケンタッキーでは朝粥を売っていました。

台北101にも足を運びました。夜景がきれいでした。このあたりは近代的な都市化がすすんでいて昭和レトロのかけらもありません。

台湾料理レストラン「青葉」が展開する「AOBa」にも足を運びました。からすみのチャーハンがおいしかったです。いろいろなところで日本語が通じたのがなかなかに便利でありました。食べ物おいしいし、また行きたいなあ、とすっかりファンになってしまいました。

12月6日から12月14日までの写真日記。

パスタを茹でたり、蒸し鍋をつくったり。
冬が深まってきました。

「めくらやなぎと眠る女」を読んでいます。
村上春樹の短編集ですが、90年代に書かれたものが多く編纂されていてなんだか懐かしいです。この頃のトーンは独特でけっこう好きな感じです。

ドラッカーの「テクノロジストの条件」をだいぶ読み進めました。世の中のことをロングスパンで眺め直すにはいい本だと思います。

DVDで映画「めがね」をみました。もたいまさこがいい味を出していてしびれます。メルシー体操、よかったです。たそがれに行きたくなりました。ロケ地は与論島。一度訪れてみたくなりました。

夏の残りの素麺をたいらげました。つけ麺もそろそろラストシーズンです。って遅いか。。。

Akamaiの勉強会に出てきました。テクノロジーってすごいな、と思う話がたくさん聞けました。

新居に友人たちが足を運んでくれます。酒の席が楽しいです。

11月30日から12月6日までの写真日記。

セカイカメラの発表会に足を運んだりしてました。

新居にカーテンの第2弾がつき、家具も少々届いて落ち着きを見せつつあります。まだ少々荷物が片付きません。

本格的に冬の到来を感じるようになりました。土鍋が大活躍です。鍋物がおいしい季節になりましたね。白菜も甘みがましてくるでしょう。これからが楽しみですね。

朝の散歩も寒くなりました。木の葉の色づきもなかなかきれいなことになっています。朝日に透かすとなかなかきれいな色なんですよね。

朝露が朝日にまぶしくきれいでした。もうすぐ霜が降りるんですね。。。おお寒い。

イチョウの葉も一面絨毯のようになっていました。きれいな黄色が一面であります。銀杏は食べましたか?いやあ銀杏、おいしいですよね。レンジで一撃ですから便利な時代になりましたよね。塩をつけていただくとまあなんとも幸せなもんです。

11月21日から11月29日までの写真日記。

新居にカーテンができました。まずはレースから。光に透けた感じがなかなか素敵な刺繍入りです。

シェーバーを新調しました。黒いものから白いボディカラーのラムダッシュへ。この手のものも白だと新鮮ですね。

ちゃんこ鍋を食べに行きました。多彩な前菜からはじまりました。胡麻の香りが香ばしいちゃんこ鍋をじつにおいしくいただきました。

お花をいただきました。茎の見える感じがなかなか素敵です。ようやく引越してきた感じがしてきました。荷物もだいぶ落ち着いてきました。まあいくつか山はあるのですが。

オタマトーンのオフ会にいってきました。明和電機のアトリエで開催。開発当時のスケッチや資料のプレゼン、白玉黒玉のおしるこもでて大いに賑わっていました。オタマトーンで合奏するシーンはなかなか目にするものではありません。近所でもきっと驚きだったに違いありません。